スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジャイナに到着しました

こんにちは。飯野です。レジャイナ大学は非常に広く、東大の本郷キャンパスと同じくらい広いように感じます。レジャイナ大学のキャンパスの中には学生用の寮があり、今私たちはSouth Residenceの8階に泊まっています。部屋に入ると共用スペースがあり、そのさらに奥にそれぞれの寝室が5つあるという構造になっています。ちなみに私の寝室にはあと一人の参加者が泊まるらしく、今からどんな学生が来るのかドキドキしています。近くの建物に行けばコンピュータールームがあり、インターネットを使うこともできます。平日は図書館や大学内のショップも自由に使うことができ、快適に一週間過ごせそうです。
レジャイナの人々は温かい人が多いです。異国から来た私たちにも気さくに英語で話しかけてくれます。元々カナダは移民の国と言われていて、実際SSS2008の実行委員の中にもナイジェリアから来たという人が多くいました。アジア系の学生も街中で多く見かけます。明日以降も積極的に現地の方たちに話しかけ、交流していきたいと思います。

blog5.jpg

Residenceの共用スペースにて

***************************************************************************
こんにちは。平戸です。 成田からバンクーバを経由しての計10時間のフライトの後、無事、レジャイナに到着することができました。空港では、レジャイナ大学のFunke、Nathalie、Ujuの3人が出迎えてくれました。レジャイナの町も大学も広々としていて、とても過ごしやすそうなところです。
大学では参加受付があり、SSS2008のChairであるMekaをはじめ、Organizerの学生たちと会うことができました。他の国からも参加者が到着していて、タイのSilpakorn大学からきたBeach、Pin、Anesahの3人と晩御飯を一緒に食べました。会う人みな魅力的な人ばかりで、開会が待ちきれません!!


blog6.jpg

レジャイナ空港にて、タイのBeach、Anesahと共に
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

早速、楽しそうだね!
引き続き報告、楽しみにしてます☆
プロフィール

AGS-UTSC SUS+

Author:AGS-UTSC SUS+
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。