スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/7/31(土)西安PJ 3日目

2010/7/31(土)
報告 :三上季範(日本側代表,M1)

日程:ホテル→恭王府→昼食→精華大学→夕食→今
こんちは、三上です。
汗だくだくで歩き回り、超混雑のバスに乗り、クーラーガンガンの地下鉄に乗り移動しまくりました。
朝9時過ぎの集合に間に合わず、吉田さんとパンを食いながら合流。
あるいて恭王府まで(http://www.pgm.org.cn/)
ハさんとヤンのクラスメイトのシンシアとその甥といっしょに向かう。
英語で解説を聞いて、チンプンカンプンな僕と、質問をする吉田さん。
綺麗に英語力の差が出ました。wwww


その後、昼食を食べ、精華大学に向かいます。
道中、バス、地下鉄を利用しました。
地下鉄は駅構内への入場時にX線による荷物検査がありました。(空港みたいな)
駅構内や車両自体は日本と全く遜色ないです。


精華大学では、Building energy research center を見学しました。
ここでは館内の照明や換気が画期的なもので、照明は屋上から光ファイバーで取り込んでいるようです。
このテーマ一つだけでビルが1つ建つ精華大学はすごいわ。


基本、体力の限界まで歩き、食べ、解説を聞きディスカッションをしていました。
北京の暑さは半端ないです。湿度がやばいです。皆さんも北京に来ることがあれば気をつけましょう。
スポンサーサイト

2010/7/30(金)西安PJ 2日目

報告 :吉田泰輔(M2)

こんにちは!
相変わらず蒸し暑い北京から、元g-Enesis代表の吉田が西安交通大学との共同研究プロジェクト2日目の報告をします。

昨日の報告の通り、北京に着いて一番驚いたことはその蒸し暑さ(常に町中に霧がかかっているような状態)でしたが、驚いていたのは僕たちだけでは無いようです。プロジェクトのカウンターパートである西安交通大学のMi Yanの家族も、「こんな暑さはこれまで長く北京に住んでいて初めてだ」と話していたようです。地球温暖化のせいか、と冗談を飛ばしてはいますが、水分と体力をじわじわ奪う高温度・高湿度はなかなか厄介です。

さて、プロジェクト2日目になりましたが、前半は集まるメンバーも少なくアットホームな雰囲気です。プログラムの内容も、北京の博物館見学や付近の公園の散策等、お互いの交流を深めるための時間が多くなっています。今日は、新しくHarvard,Business Schoolを最近卒業したベトナム人のHaさんが加わりました。彼女は結婚しており、投資銀行で働いている中国勤務の夫に付いて来る形で二週間前に北京に来たようです。夫はMIT卒のようで、高学歴のボストンカップルに少し驚きました。

今日は、日本人二人とMi Yan、Haさんの四人のメンバーで、北京の街を回りました。北京は、二年前にオリンピックが開催されたこともあってか、計画的で綺麗な都市です。また、土地が広いことを利用して、東京に比べて面積が広く高さが低い建物が多いのも特徴的です。街の計画性や景観の良さに関しては、東京よりも非常に優れているように思われました(ただ、人々に関してはその逆で、日本人のような周囲への気遣いはあまり無く雑然とした感じです・・・)。建物の内部を見ても、新しさのせいか全ての建物が綺麗で、デザイン性にも優れています。環境への配慮もされており、例えば中国人民銀行のビルは、光を窓から取り入れることで電力消費を抑制するという省エネに配慮した設計になっていました。

今日最初に訪問したのは、北京の首都博物館でした。ここでは、旧石器時代から現在まで、中国の歴史的記念品が多く展示されており、中国の歴史が一通り学べるようになっています。入場料は30元(400円程度)でしたが、学生は半額の15元で済みました(要学生証)。館内は広く、全て見終えるのに数時間かかります。回っている途中に、学生間で第二次大戦に対する国民意識に関する議論になり、「戦争を踏まえて、中国は日本に対してどのような意識を持っているか?」というテーマについて話し合いました。中国人学生が、「高年齢の世代を中心に、戦争のことに関してはかなりネガティブに考えている」と答えましたが、Haさんは「ヨーロッパ諸国からも攻撃・占領されたのに何故日本にだけネガティブな印象を持っているのか?」と応じます。日本の経験からは、「教育の影響が大きいのではないか?」ということを話しました。日本では、戦争相手の米国に対してあまりネガティブではありませんが、これは米国の影響を受けた日本の教育制度の影響と捉えられるからです。また、主に日米に宿る自国中心主義も話題に出ました。Mi Yanも、歴史ある大国である中国に住む人々が、自国に対して相当なプライドを持っているということを認めていました。

首都博物館
首都博物館

首都博物館内での集合写真
首都博物館内での集合写真


その後散策した景山公園では、恐竜の模型を眺めたり、高台に登って北京の街を見渡すことが出来ました。素晴らしい景色ではありましたが、霧がかかって全体を見渡すことが出来なかったのが残念でした。その後ホテルに帰った後は、意図せずして二人共すぐに寝てしまっていました(前日夜遅くに北京に着いたこともあり、ほとんど眠れなかったのです・・・)。暑い中歩き回り、体力を奪われたということもあります。今の北京の気温と湿度は、体から水分と体力を奪い取ります。明日からは、こまめな水分補給と休憩に気を使いながら活動を続けていきたいと思いました!

それでは、引き続き次回以降をお楽しみに。

北京の風景1
北京の風景1

北京の風景2
北京の風景2

2010/7/29(木)東京大学-西安交通大学共同研究プロジェクト1日目始動

報告者:三上季範(M1,日本側リーダー)
7/29(木)東京大学ー北京大学共同研究プロジェクト1日目始動

やること:日本から北京へ移動、Yanと合流、ホテルへ到着が目的

昨日今日と都内を移動し、学部時代の旧交を温めつつアンケートを回収。
60部前後回収成功。19:00に成田発、22:00に北京空港到着の予定、しかし度重なるアクシデントのため
離陸が19:40ごろに、到着も30分遅れ、荷物受取も異常に待機、Yanとの合流も現地時間23時
空港からバス→タクシー→徒歩と大移動、大体1時間。ホテルに到着、ネット環境を確認。
コンビニにYanや吉田さんと共に行きカップめんや飲み物を購入。
カップめんは中にフォーク内蔵という親切設計.
おかげで吉田さんは朝二時にホテルのフロントやYanを総動員。
チョップスティックを調達しようと頑張るが、内蔵フォークに気付き愕然。
二人で爆笑。現在は両者ともに明日への英気を養っている。


北京市内は夜12時にして光化学スモッグ的な何かが浮遊。
暑さも異常。湿度が東京の倍くらい有ると推測。
Yanに汗かきすぎともいわれる三上。
どおりで上裸の人が多いわけだ。
明日はHarvard大学の人と合流し進行を深める予定。
最後に写真を記載


空港での合流時に旗を振って出迎えてくれたYan。
部屋にてはしゃいだ我々。
あと北京で荷物を待ちうなだれる吉田さんとフォーク内臓のカップラーメンも投稿。
IMG_1160.jpg
IMG_1162_20100730211906.jpg
IMG_1163_20100730211906.jpg
IMG_1165.jpg
IMG_1166_20100730211906.jpg




現在宿泊中のホテル
http://www.hbzjb.gov.cn/list.asp?classid=6&list=0&title=%B1%B1%BE%A9%BA%D3%B1%B1%D3%AD%B1%F6%B9%DD




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【概要】

 本プロジェクトは、東京大学と西安交通大学が主催するエネルギーに関する共同研究プロジェクトであり、他にも北京大学、上海交通大学、Yale大学,Harvard大学の学生が参加する予定である。具体的には、7月29日から8月16日にかけて北京・西安・上海を周り、現地調査を行うとともに地元の大学の学生・教員と議論を行ないながら成果をまとめ上げる。東京大学側が掲げている研究課題は、下記の通り本キャンパスの国際化・環境に関する先進的な取り組み、及び個々人が独自に設定した研究テーマである。成果については、他大学の学生・教員との議論、及びフィードバックを参考にしながら一つの報告書にまとめ上げる予定である。


【研究内容】

東京大学が行う具体的な研究発表論題は,
1,本研究科の「学融合」および国際化に向けての取り組みの紹介
2,環境棟における環境に配慮した先進的な建築方法の紹介
3,日本におけるエネルギー政策
4,中国におけるCDMプロジェクトの評価
5,日中の大学間における学生の環境意識の啓蒙・教育活動・政策の比較
6,石炭火力の日本の排ガス技術の導入

更に,以下の論題について,西安交通大学,Yale大学,Harvard大学の学生達と議論,発表する.
1,党家村特有の伝統的家屋における自然換気システムの定量評価
2,原油価格と人民元の関係について
3,日米中の環境政策および今後の展望について


【活動目的】
1,本プロジェクトメンバーのエネルギーに関する知見の獲得
2,日中米の各大学に対する本研究科・柏キャンパス(以下,本キャンパスとする)の取り組みの紹介等
3,国際的な人脈形成
4,日・中・米各国における学会発表
5,活動内容の報告書(日・中・英・仏語)の作成・刊行,本研究科HP上での公開による本研究科院生に対する知識の還元
6,10月に予定されている本キャンパス一般公開でのポスター発表による地域住民への環境・エネルギー問題の啓蒙
7,その他,本研究科及び,本キャンパスに対する環境・エネルギー問題に関する知識習得の機会の提供
である.



代理投稿・編集:須山友貴(M1)

五月祭

こんばんは増田です。いかがお過ごしでしょうか。


久々の更新です。

実は5月末に五月祭を終えた後、様々な企画がありました。

といっても国際派遣関係が多いのですが、

例を挙げると、

6月~今日までに勉強会では

水勉強会
エネルギー勉強会
気候変動勉強会(増田発表しました^^;)
といった勉強会はもちろんのこと、国際会議派遣関係も数多くありました。

◆国際会議派遣関係◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ICSSへの学生派遣(http://icss2010.net/?p=home

【水ワーキンググループ】
9月末に開かれるIWA(http://www.iwa2010montreal.org/)への会議派遣者募集
※派遣者はすでに決定

【エネルギーワーキンググループ】
7月末から8月にかけて上海交通大学との共同研究プロジェクトに参加
※派遣者はすでに決定

【気候変動ワーキンググループ】
COP16への派遣者の募集
※現在派遣者募集中!!!(〆切7月12日まで)

【気候変動とエネルギー合同】
中国で開かれる(http://www.iysecc.org/)にさんか
※派遣者はすでに決定

等の様々な国際会議への参加をします。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最近のミーティングの議題として、国際会議を通して学びどの経験をどのようにアウトプットするかを考えています。

このブログでも書いていたAMに関するアウトプットも次回につなげられるように考えられなければならないし、その経験やノウハウを蓄積していくことで毎年発展していければいいなと思います。


五月祭の事は次回書きますが、少し告知をさせてください!!!

運営メンバーはとして関わっていくことは、多種多様な学生と共に知識を共有してお互い学んでいくことはもちろん、海外の学生とコンタクトを取る経験、限られた予算内で1年間の活動目標を立てる経験、企画実行する経験等、自分次第で様々な体験が出来ます。常に数多くある企画のPDCAサイクルを同時平行して行わなければいけないので、自分でも次は何か考えるときに思考が紛糾してしまいそうですが・・・(^^;)
ただ、運営メンバーみんなが意識が高く次々と提案してくれるので、そういう雰囲気の場にいるだけでものすごくいい経験をさせて頂いているなと感じます。
個人の研究との兼ね合いがある人がほとんどで、時間がない中で助け合いながら企画・評価をうまく回すことって楽な話ではないかもしれません。個人的な主観として、何か企画して何か一発大きな結果を生み出す事よりも、忙しい中で時間管理してコンタクトを取り合い情報共有を常に忘れないことの方がものすごく学べることが多いというのが僕の感想です。もともとめんどくさがりな性格なので(笑)

各個人が自分の進路を決めていく上で、企業に勤める人・博士課程に進学する人・国の機関やNGOなどで働く人等色々ありますが、学生という立場で学際的な視点から社会に訴えていくことは今だからこそ出来るまたとない機会です。

学部生・院生問わず、運営に協力してくださる方を随時募集しています!!
よろしくお願いします。


興味のある方は、info△ags-utsc.org にメールください。よろしくお願いします。(△を@にして送信願います)

興味ある方は是非連絡ください!!

ますだ

プロフィール

AGS-UTSC SUS+

Author:AGS-UTSC SUS+
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。