スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/8/13 国際会議ESD-Forumにおける発表レポート

皆さんこんにちは
SUS+副代表の三上です。

先日、サステナビリティに関する国際会議ESD-Forum(http://www.iuventum.org/programs/ef2011.html)にて
SUS+の団体紹介をする機会がありましたので、その時のレポを新たなSUS+メンバーが書いてくれましたので
アップいたします。

----------------------------------------------------------------

ESDフォーラム

発表について:山田

去る8月13日、iuventum(http://iuventum.com; ドイツのNPO法人)が主催するESDフォーラムで、SUS+が活動紹介を行いました。フォーラムには、 世界各国(アジアが主)からサステイナビリティに関心のある大学生が集まっていました。私たちは最初に、SUS+の母体であるAGSを紹介し、その後各グループ(g-EnesisとWWG)の活動内容について発表しました。

水グループでは、活動目的・これまでの活動実績・今後の活動を紹介し、各メンバーの研究に関連して日本の水環境の紹介も行いました。私が担当した「フィールドトリップ」のセクションでは、6月に訪問したサントリー武蔵野工場と南砂町(東京都江東区)の地盤沈下問題について話し、武蔵野工場ではビールの「天然水」に地下水が用いられていること、南砂の周辺は70年代後半まで続いた地下水の過剰取水によって、この100年余りで地盤が4.5mも沈下したことを説明しました。

図1. サントリー武蔵野工場にて(仕込室)<筆者撮影>

図1. サントリー武蔵野工場にて(仕込室)<筆者撮影>
図2. 東京都主要地点における累計地盤沈下量 <出典:東京都江東治水事務局HP>

図2. 東京都主要地点における累計地盤沈下量 <出典:東京都江東治水事務局HP>
スポンサーサイト

2/19 アルムナイ会報告 CCWG代表 室屋

皆様

お世話になっております。CCWG新代表の室屋と申します。
遅くなってしまいましたが、アルムナイ会の感想を書きます。

CCWGの先輩方とはお会いする機会が何度かありましたが、
SUS+全体のOB・OGの方とお会いするのは初めてでした。

参加して先輩方のバリエーションの豊かさにまず驚きました。
民間でも公共でも第一線で活躍されている方ばかりで、SUS+での
活動の先にどのような舞台があるかをイメージできた気がします。

また、各新代表の抱負を聞いて、これから新体制の下、
自分たちの代の活動が始まるんだなーと実感しました。
先輩方の築いて下さった伝統や知見を活かしつつ、
自分たちの代で+αの活動をできたら良いなと思っています。

SUS+の抱負でもCCWGの抱負でもありましたが、今年は
自分たちで考え、それを形にして、外部に広く発信することを
例年以上にやっていけたらと考えています。

不束者ですが、ご支援のほど、宜しくお願い致します。

東北地方太平洋沖地震に関して

2011年度SUS+副代表の三上です。
このような話題をSUS+のブログへアップしていいのかどうか悩みますが、
書かずには居られませんでした。


3/11、皆さんご存じのとおり、東北地方太平洋沖地震が発生しました。

SUS+内でも大半の方とは連絡が取れましたが、いまだ連絡がない方もおり
心配です。
SUS+メンバーのみなさん、ご家族、友人たち皆が無事を願いします。


そして、被災者のみなさん、救出に携わる自衛隊や消防隊のみなさん、原発の炉心溶融を止めようとする人々、
、インフラを一刻も復旧させようとする人々、みなさんの無事を祈ります。

自分自身、この一年間g-enesisの一員として活動してきたのと自分の研究分野が放射性物質を用いた発電炉関連のため、今回の原発の話は他人事とは思えないのです。

今回の件に対し、SUS+の活動で何か貢献できないかどうか、一考してみたいと思います。

読者のみなさんのコメントや意見、遠慮なく書き込んで下さい。


2/19 アルムナイ会報告 SUS+副代表 三上

続けて、2011年度SUS+副代表の三上がアルムナイ会の感想を報告したいと思います。


先日のアルムナイ会では、SUS+の歴史の長さを感じることができました。
また、OBOGみなさん口をそろえて言うのが”学生時代にしかできない、そしてSUS+でしかできない、面白い体験だった”という言葉だ。
それは、自分自身のモットーである”今ここでしかできないことをやる”と合致しており
今やっていることに関し自信を持つことができました。
用意してくださった料理を失礼ながらほったらかしにして(もちろん、最後においしく頂きました笑)
OBOG,そして今度卒業していく先輩方と話し込んでいました。
CCWGの先輩と語り明かす中、SUS+公式HPにも書いてあること、すなわち「SUS+は何かを与えてくれる場ではない、何かを発信する場である」という結論に達しました。

来年度の新入生勧誘に向けて、何を発信したいか、できるかを考えていきたいと思います。

先輩方は企業で働く方、博士課程に進学し研鑽を積まれる方、東大内に研究者として働いていらっしゃる方、
多種多様な進路を選びご活躍されていました。
私も、今やるべきことやりたいことに熱中し、足跡を残していきたいとおもいます。

2/19 アルムナイ会報告 g-enesis代表・安井 WWG代表・和田

みなさん、こんばんは
副代表の三上です
今回は2011年度g-enesis代表の安井君およびWWG代表の和田君の
アルムナイ会の感想を載せたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
g-enesis代表 安井君

先日、SUS+アルムナイ会が開催されました。
OBOGの方々、現役の各WGの代表、EBの方々が一同に集まり、
SUS+の本年度活動報告、自己紹介、懇親会等盛りだくさんの内容でした。

私個人としては、
OBOGの方々との話を通して、
SUS+の歴史や当時活動していた先輩方の熱い思いを垣間見ることができ、たいへん刺激を受けました。
そして今は様々な業界、分野で活躍されている諸先輩方が、SUS+を通して今もなお繋がり、
こうして集まっていることが何よりも素晴らしく、
SUS+が、僕らが目指すものを肌で感じる事ができました。

細く長く活動が続くよう、これからも取り組んでいきたいと思いますので、皆様よろしくお願い致します!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
WWG代表 和田君

一週間前から、豊川さんより
「本当に楽しいから!スゲー楽しみにしてるし。」
と聴いていて異様に(?)期待していたのですが、それを上回る楽しさでした。

特に、他のWGの方が持つネタの多さは水勉強会にはない(笑)とか感じました。
また、OB・OGの方々が抱くAGSやWGに対する想いや思い出話を聴くことができ、
水勉強会の代表としての責任の重さと可能性の大きさを実感しました。

水勉強会としては、来年度に先輩方も参加された世界水フォーラムも開催予定なので、OB・OGの方とガンガン連携したいと思います。


どうぞ、来年度も“水勉強会”をよろしくお願いします。


アルムナイ会
プロフィール

Author:AGS-UTSC SUS+
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。